奈良岳志会の山行記録

奈良県の山岳会、奈良岳志会の山行記録です。

南アルプス 鋸岳

参加:K、F、O,Km

2018年7月13日近鉄名張駅集合21時→中央自動車道伊那IC→1時過ぎ戸台

西日本豪雨のあと、通年より早い梅雨明けの3連休にたくさんの車が来ていた。

駐車場のはしでテントをはり仮眠する。

6時半北沢峠7時40分→8時25分仙水小屋8時半→9時仙水峠→10時40分駒津峰10時55分→13時20分甲斐駒ケ岳山頂13時半→15時10分石の小屋

2018年7月14日4時起床、バス乗り場へ、すでにすごい人の列。臨時バスを期待して並ぶが一番発のバスにも乗れず待つのみ。6時半のバスにのれる、荷物代金徴収されたのに、荷物はひざの上だった。窮屈なバスだけど、歩くよりは断然まし、文句はほどほどにする。途中の景色でのこぎり岳の鹿の窓が見え、バスが徐行運転してくれる。大きな穴を見ていると、これからついていけるのか、緊張と不安でいっぱいになる。1時間ほどで北沢峠に着。たくさんの人、北に比べると静かでよい。

仙水小屋のほうから歩きはじめる。風が気持ち良い。小屋の前のベンチでの休憩は拒否された。まーわかるけどね。仙水峠。まーまー、しんどい。ウエストポーチが邪魔でしんどい。この辺から駒津峰までやや勾配大きく、しんどくなってくる。高校生?の集団がよく休憩している姿をみるが、全く疲れていない様子。若い人は元気だわ。駒津峰についた、仙丈ヶ岳が美しい。六方石より昭文社の地図の波線ルートへ、登りやすいかなと思ってはいったが、最後は細かい花崗岩の砂利と岩があるきにくく、落石しないように足を踏み出すのがたいへんだった。そーと、そーと、足を置く、ハイマツの枝をもって登山道へでる。もう甲斐駒の頂上だった。やはり夏空は短い、午後だったのでガスがあがってきていて、360度の展望はきかず。今夜の石の小屋へ向かう。もうこのころは私は頭痛もあり、しんどかった。なんとかFさんについていく。石の小屋の屋根を探しながら小屋についた。水場へ急ぐがとにかく疲れた。小屋は先客2人だったが、夜には9人になり、いっぱいだった。簡単なインスタントで食事を終え就寝。疲れているが、緊張と他の人のいびきでなかなか入眠できない。

 

 

5時20分小屋→7時20分中ノ川乗越→8時10分第一高点→9時20分鹿の窓→9時55分小ギャップ→10時20分鋸山頂10時半→10時55分コル、大休止→12時半大岩の下大休止13時→15時半川の渡渉、17時テント場

2018年7月15日4時起床、他の人もごそごそ起きている。また簡単軽食で食事おえ、5時20分出発。ハーネス、ヘルメット装着した。烏帽子岳のルートに入らないようにFさんがトップで出発。ほぼ予定通り中ノ川乗越へ。乗越手前は切り立った稜線で足元に注意しながら鞍部へ進む。乗越で大休止。目の前に第二高点が見える。さーいよいよ始まりだ。大岩の影になっているガレ場を進む。第二高点から下り、ガレ場を慎重に回り込むとスラブ上になっている斜面をのぼる。斜面をのぼると草付の登山道あり。この先岩場になっていてFさんについていく。鎖があるが、Fさんはバランスよく登っていく。ザックが重くてバランスがとりにくい、鎖に重心をかけて一気にのぼると鹿の窓はもうすぐだった。Fさんがザイルを出そうとしていた。安定したところで待つ間みんなの姿をカメラに収める。とうとう窓にきちゃった。大きな岩に縦長の穴があいている、不思議なものだ。鎖を下り、目の前に小ギャップ。鎖で登っている人たちがいるが、安全にと、タイブロックを装着して登る。鋸の山頂がもうすぐだ。岩の切り立つ稜線を進み、狭い山頂についた。夏の空がきれいだ。甲斐駒や北岳が望める。狭い山頂を後にコルへ急な下りを足元に注意して。ここを登ってくる人とすれ違う。コルで休憩するが、白髭神社からのピストンの人がたくさんすれ違う。コルから大岩のガレを下る。不安定ながらも落石の不安はない。しばらく行くと左手に樹林帯がみえる。蒸し暑い樹林帯やガレを過ぎると大岩が見えた。大岩の水は冷たくておいしい!元気がでてくる当初はここでテントの予定だったが、早く到着したので明日のために下の川原まで下ることになる。蒸し暑い山の中に入っていく。水の音が聞こえてきた。もう少しだと思っていたら、川の渡渉。靴を脱いで、FさんやKさんにザイルだしてもらい、濡れないように渡渉する。疲れたけどここからテント場を探す。なかなかいいところなく17時やっといいところがあった。しかしテントの中は暑くて、蟻がはいってきて地獄だった。

 

 

f:id:naragakushikai:20180726234021j:plain

f:id:naragakushikai:20180726232158j:plain

f:id:naragakushikai:20180726233751j:plain

 

 

 

5時半出発→6時45分P→7時5分戸台大橋

2018年7月16日4時起床。ほとんど眠れない夜であった。朝が待ちどうしかった。

適当に食事して早々に出発。川原が長い。途中にダムがあったが、土石で埋まっているのを見ると、豪雨災害を思い出した。水の力、自然の力はすごい。山は美しいがいつまでもこの自然が残ってほしいと思いながら歩いた。戸台大橋でバスに乗れた。

 

 

 

 

台高周回 西谷高~添谷山~三津河落山

2018年6月2日~3日

参加者 T ・k・0

6月2日駐車場9:15→11:40西谷高→13:40西谷橋→15:15添谷山→15:40テント場

6月3日テント場7:15→8:35大台辻→12:05日本鼻→13:55駐車場

梅雨入り前、快晴の大台ケ原。Tさん膝のリハビリ中とのことでゆっくりペースで出発です。日出が岳から大杉谷方面へ下り、途中からは左手の尾根を西谷高へと進みます。

花の終わった石楠花をかき分けながら歩いていくと、満開のシロヤシオが出迎えてくれました。西谷高は展望なし。木陰で昼食にしたあと西谷橋を目指して再び石楠花の中へ。ここからはコンパスと地形図見ながら尾根を間違えないようと下りるが、一つ西の尾根に入ったようで谷に下りてしまった。谷沿いを東に進むと西谷橋に到着。

林道から縦走路1290のピークにコンパス合わせ急登を登ります。縦走路は歩きやすくブナの新緑が美しい。添谷山山から狸峠に下り沢近くの林道でテント張りました。

沢の水で体を拭いてさっぱりしたら宴会タイム。めざしを焼いて、焼き鳥つまんで夕食はキャベツたっぷりの豚しゃぶ鍋で大満足。カエルの合唱聞きながらの就寝です。

2日目は小鳥の声で目が覚め、朝食食べてさあ出発。台高縦走路を大台辻へ。大台辻で休憩した後筏場道を進んでいるはずが、あれ、なんで谷に下りてるの?なんと西谷橋へ下りる道でした。もう一度大台辻へ戻り今度こそ縦走路へ。コブシ峠から三津河落山へ尾根を登っていくと突然笹原に出る。見晴らしの良い尾根ではたくさんの人が景色を楽しんでいました。日本鼻で昼休憩したあとに如来月・ナゴヤ岳を経て川上辻に下りる。辻からテクテク車道を歩いて駐車場へ戻りました。

お天気にも恵まれ、満開のシロヤシオも見られて最高の2日間でした。   記録O

蝶ヶ岳~常念岳

 

・2018年4月28日(土)~30日(月)

・参加者:F、O、M

・行程

 27日(金)榛原駅→三股(臨時)駐車場

 28日(土)三股’(臨時)駐車場7:30→登山口8:00→まめうち平9:50~10:10→蝶ヶ岳ヒュッテ13:30

 29日(日)蝶ヶ岳ヒュッテ7:23→蝶槍8:07→P2512 10:10~45→常念岳12:30~13:00→常念小屋14:00

 30日(月)常念小屋6:20→一ノ沢登山口9:05

 

・三股登山口駐車場手前の林道が崩れていた為、手前の臨時駐車場から歩きました。

車の中で数時間仮眠を取っただけなので、28日の登りは堪えました。

まめうち平を過ぎると雪が多くなり途中からアイゼンを装着。

蝶ヶ岳ヒュッテまでの最後の方の登りはきつく、立ち止まり休憩しながら上がりました。

ヒュッテ前のテント場からは槍穂高連峰が目の前に大きく眺められ、大変素晴らしい景色でした。テントを張った後、空身で蝶ヶ岳周辺まで往復しました。

 

 

f:id:naragakushikai:20180724230409j:plain

f:id:naragakushikai:20180724230549j:plain

二日目も素晴らしい晴天。槍穂高を眺めながらの稜線歩きは気持ちよかったです。

何度か雪の斜面のアップダウンがありましたが、最後の常念岳は登りも下りも大変きつかったです。

常念小屋でテントを張ってから、ビールを飲んでテントの中で昼寝をしたりゴロゴロして過ごしましたが、天気が良すぎてテント内は暑かったです。

f:id:naragakushikai:20180724232248j:plain

f:id:naragakushikai:20180724230549j:plainf:id:naragakushikai:20180724231647j:plain

最終日、常念小屋からアイゼンを装着しました。下り始めから雪の急な斜面が続きました。雪が締まっていたし、階段状になっているのでサクサクと快適に下れましたが、

足元を引っかけてしまったら、ちょっとの怪我では済まないかもっていう感じだったので慎重になりました。

しばらくすると傾斜も緩み緊張から解放。

一ノ沢登山口からは頼んでおいたタクシーで三股まで戻りました。

 

 

記:M

越前甲(福井県 大日岳)

2018年3月10~11日

参加:I,K,S,O,T,Km

行程:集合近鉄高の原:7:50

3月10日高の原==名神、北陸==福井北IC==416号=11:30道の駅禅の里12:30

勝山市野向町横倉ー八反滝ーテント場14時すぎ

3月11日テント場7:15-9:45コルー10:45山頂11:00ー11:30テント場、休憩テント場13:00ー14:00車

3月10日奈良出発組は近鉄高の原に集合。Iさんの車で名神へ。三重県組とは名神湖東三山PAにて合流。福井北ICで国道にでて、道の駅で食事をしてから山にむかうことになった。道の駅禅の里の位置がよくわからず、同じ道をくるくるまわったが、なんとか禅の里に到着。食事をする。からあげがおいしい。またここには浴場がある。帰りもここによることに決定。また国道416号を進む。さて除雪はどんなものか?除雪しだいでスタート地点が決まる。雪は多く、いつもなら八反滝が道路から見えるらしいが、みえない。除雪車が動いていて、上のほうまで除雪できている。しかし除雪車が動いているため八反滝より上の位置から山に入っていく。男性はスノーシューズ、女性はワカンとわかれた。天気はよい、すぐにテント場についた。雪崩に注意して(なだれているところあった)テント場の位置を決める。時間が早かったのもあり、みんなでていねいに雪をかためてテントを二つ。また大きな木近くにトイレを作る。トイレの周りに雪のブロックを置き、風よけタープをかけてとてもりっぱなトイレができた。(写真)

3人用は女性テント、5人用は食事をする場所。みんなでゆっくりアルコールやお茶会が始まる。夕食Cook Doの棒棒鶏と豚鍋。うどんは1玉。                                 f:id:naragakushikai:20180323230158j:plain     f:id:naragakushikai:20180323230832j:plain

 

3月11日5時起床、7時出発予定であったが、7時15分にテントば発。なかなか時間がかかる。スノーシューと、ワカン。良い天気でよい感じ。目の前のコルまでいくと、そこからトラバース。スノーシューはトラバースやりにくいらしい。ふーんって感じ。

このあたりで大きな尾根が見える、灌木のあるあたりを尾根を意識しながら登る。しかし傾斜あり、45度くらいの傾斜で雪が固い、以前とは一週間の日時の違いがあり、また今年の雪の多さでか、計算くるい、誰もアイゼンを持参していない。わかんがささらない。スノーシューは前の爪をさせるらしい、ワカン組は苦戦。途中から登れないのではないか、といいながら、ワカンを踏み込んでいく。ワカンがささらないため方向転換ができず、ワカンでバックしたり、前に進んだり。

そこにスキーをかついでアイゼンで進んでいく単独人が来た。アイゼンがいるなー、やはり一応アイゼンは必須であると学習できた。みんなで注意しながら進みやっと山頂。

天気よく気持ちいい。スキーの単独人はすぐに見えなくなった。遠く白山が望める。

11時下山、下山は早い。したのコルまで来ると、スキーを楽しむグループが来ていた。

なんだか雪が降り始め、私たちはラッキーであった。

テント場に戻り休憩。トイレはこわさず残していくことにした。

トラバースでスノーシューが苦しんでいた。すぐに道路に出た。

お疲れ様でした。禅の里に戻り、入浴後三重県組と解散した。      f:id:naragakushikai:20180323225838j:plain

f:id:naragakushikai:20180323225835j:plain

伊吹山

・2018年1月21日(日)

・参加者:KT、KM、S、F、M

・行程:上野登山口9:30→山頂13:00→上野登山口15:00

 

・ここ最近、暖かかったせいか雪はかなり少なくて夏道で山頂まで上がれました。

ちょっと期待外れでしたが、良い足慣らしになりました。

6合目の小屋からアイゼンを履きました。

上がるにつれ風がきつくなり寒かったです。周りも真っ白で景色は何も見えず。

山頂の開放されたお堂?に入らせてもらい、風をよけて休憩。

下山時、上は雪、下りるにつれて雨になりました。

また晴れた時にリベンジしたいです。

 

記:M

 

岩トレ  不動岩

・2018年1月13日(土)

・参加者:F、K、M

・今回はKさんも参加で賑やかでした。

岩に登る前。

登る人は①八文字結びができているか②末端処理ができているか③ハーネスの上下ループにロープが通っているか④ハーネスのベルトの折り返しができているか

ビレイする人は①ATCの上下にロープが通っているか②カラビナの安全環が閉まっているか③ハーネスのベルト折り返しができているか

毎回確認していますが、ビレイする側の①の時はロープを上下に引っ張って確認しないと、ATCにロープが通っていてもATC自体がカラビナにかかっておらず、それに気付かない場合があることを知りました。

きちんと確認しないと怖いと思いました。

 

記:M

 

たい